どの詰め物を選択するか

メリットとデメリットがある

どんな特徴があるのか知ろう

歯の詰め物には、保険を適応できるものと、できないものがあります。
負担が増えるのは嫌なので、何も知らないで保険を適応できる種類を選択する人が見られます。
ですが、自費となる詰め物にもメリットがあるので、よく考えてください。
自費となる詰め物は、強度が高いです。
ですから固いものを噛んでも、壊れる心配はありません。

仮に固いものを噛んで壊れた場合は、すぐ歯医者に行って再び詰め物をしてもらわなければいけません。
そのままにしていると食べ物をうまく噛めなかったり、バイ菌が侵入して病気を発症する危険性があります。
強度が低い詰め物を使っていると、頻繁に壊れるかもしれません。
治療費が高額になるので、結局自分の負担が増えます。

見た目を気にする人向け

歯を治療して詰め物をする時に、あからさまに人工的な歯だと気になる人が見られます。
口を開けた時に、他人からもすぐわかります。
特に保険を適応できる詰め物は、治療をしたことが気づかれやすいと言われます。
自費となる詰め物のメリットは、見た目が本物の歯に似ているという面が挙げられます。
ですから外見を気にしている人は、こちらを選択した方が良いでしょう。

口を開けても他人に気づかれることはないので、積極的にコミュニケーションを取れます。
わかりやすい詰め物をしていると、人に気づかれることが怖くてコミュニケーションを取らなくなる人が見られます。
ですが仕事やプライベートに影響を及ぼすので、気にならない方法を選択しましょう。



ページ
先頭へ