自費となる歯の詰め物のメリットとデメリット

どの詰め物を選択するか

自費の詰め物は丈夫

保険適用外の詰め物は、強度が他のものに比べて強い種類が多いです。
例えば金属が自費の詰め物になりますが、保険適用内のプラスチックに比べて頑丈です。
ですから固いものを噛んでも、壊れる心配はないでしょう。
壊れたら早く治療してもらわなければいけません。
その状態が何回も起こると、費用がどんどん増えてしまいます。
最初から自費でも、強度が強い詰め物を選択した方が良いでしょう。
また、見た目が気にならないという面もメリットになります。

詰め物を選択する際は、お手入れの方法も調べてください。
保険適応内の詰め物は、管理が大変というデメリットがあります。
面倒なお手入れが苦手な人や、できる自信がない人は簡単な詰め物を選択してください。
保険適応外の詰め物なら、特に専用の道具を用意して磨く必要はありません。
普通の歯ブラシや、歯磨き粉で十分です。
管理を怠ると口内が不潔になって、病気を引き起こす恐れがあるので気をつけましょう。

デメリットは、やはり価格です。
中には歯1本につき、10万円前後の価格になる詰め物もあります。
気軽に、選択できないかもしれませんね。
全ての歯を自費にするのは、難しいでしょう。
治療している歯が1本ぐらいだったら、高額でもメリットが多い自費の詰め物を選んでも良いと思います。
自分の予算に合わせて、詰め物を選択しましょう。
どうしても自費の詰め物を選びたい場合は、安い価格を設定している歯医者を探すのも良い方法です。


ページ
先頭へ